研修医・研究者の皆様へ
研修プログラム
糖尿病・内分泌代謝内科後期研修(専門医育成)プログラム
  1. プログラムの目的と特徴
     糖尿病・内分泌代謝内科における後期研修では、内分泌疾患、糖尿病、脂質異常症を中心とした診療を通し、常に病態生理を考え、最も適切なアプローチを判断できる医師を育成するのが目的です。ただ単に病気や血糖を良くすることのみならず、患者の生活背景や社会環境まで配慮した全人的な医療者の育成を心がけています。あわせて日常診療から得られる「なぜ?」、「どうして?」、「どうなるの?」を大切にし、自らその解決に当たる「研究心」を大切にしています。本学の教育理念である「愛と研究心を有する質の高い医師と医学者の育成」を目標としています。
     当科での研修の特徴としては、内分泌分野では間脳下垂体疾患、甲状腺、副腎、性腺、カルシウム代謝異常など幅広い疾患を、糖尿病指導医、内分泌代謝科指導医のもとで経験できる都内でも数少ない認定教育施設となっています。また学内には内分泌を専門とする部門が臨床(脳神経外科、内分泌外科など)、基礎医学(生理学、解剖学など)ともに多数あり、それぞれトップレベルの診療・研究を行っており、内分泌専門医を目指す上で非常に恵まれた環境にあります。あわせて糖尿病と脂質異常症を同時に専門領域とする診療科は類をみません。糖代謝の是正と合併症の克服に向けた診療、遺伝的背景を持つ脂質異常症と原疾患が考慮されるいわゆる二次性高脂血症を鑑別する臨床を学ぶことができます。このようなことから糖尿病学会教育認定施設、肥満学会認定肥満症専門病院の指定を受け、豊富な症例を元に様々な症例を経験することができます。また栄養士、看護師、薬剤師とのカンファレンスなどを通し、チーム医療を学ぶことができます。さらに外科をはじめとした他科に入院中の糖尿病診療を行うことにより、術前術後、ステロイド治療時、妊娠糖尿病など特殊な状況での血糖・代謝・栄養管理を確実に身につけることができます。
     また基礎・臨床研究も積極的に行っており、基礎研究では分子生物学的実験手技、臨床研究では研究デザインの作成、データの解析方法などを指導者の下修得することができます。
  2. プログラム責任者、参加施設
    (1) プログラム責任者
      日本医科大学付属病院 糖尿病・内分泌代謝内科部長
      杉原仁教授
    (2) 基幹施設
      日本医科大学付属病院
    (3) 参加施設
      日本医科大学千葉北総病院内分泌内科
      指導責任者 江本直也教授
  3. 後期臨床研修(卒後3-4年次)
     2年間で内分泌代謝内科、糖尿病の診療に必要な知識、手技を習得します。具体的には病棟主治医として糖尿病・内分泌代謝疾患患者を受け持ちます。内分泌疾患では各種負荷試験や画像検査計画の立案、データの解釈、診断、治療方針の決定、内分泌緊急症の対応などを指導医の元で行います。糖尿病患者に対しては教育入院、糖尿病緊急症などの主治医として適切な診断・治療方法を習得するほか、他科入院患者の併診を行うことにより感染症合併時、手術前後、絶食時、ステロイド使用時など特殊な状況での糖尿病管理も学びます。
    ■病棟研修
     後期研修開始時にあたり診療グループに属し指導医と共に主科患者の受け持ちを行います。併診患者はグループの担当者と共に回診を行います。
     その後は、診療グループの一員として引き続き主科患者の受け持ちを行います。併診患者については、当番日を中心に診療を行います。
    ■内分泌代謝内科専門研修
     5年目以降は病棟研修を行うほか千葉北総病院内分泌内科への派遣があります。北総病院では病棟業務のほか江本教授の指導のもと内分泌外来、一般外来を研修することができます。この間に内分泌代謝内科、糖尿病の専門的・先進的技術、知識の習得を行うとともに臨床経験を蓄積し、内分泌代謝内科専門医、糖尿病専門医の取得を目指します。また内分泌代謝、糖尿病、脂質代謝、動脈硬化に関する臨床、基礎研究も行い学位取得を目指すこともできます。
    ■外来研修
     内分泌、糖尿病の診療は外来診療が非常に重要な分野です。研修開始とともに杉原教授の外来補助をすることにより、外来での内分泌疾患、糖尿病、脂質異常症への対応を学ぶことができます。また外部の病院の内分泌専門外来、糖尿病専門外来を経験することができ、外来診療を早い時期から実践することができます。
  4. 習得可能な技能、資格
    ■技能
    • 甲状腺超音波
    • 甲状腺穿刺針生検
    • 頚動脈超音波
    • 血管内皮機能検査(FMD)
    • 副腎静脈サンプリング
    ■資格(受験資格)
    • 認定内科医 (臨床研修2年+教育病院での内科研修1年以上)
    • 総合内科専門医 (認定内科医資格取得後、教育病院での研修3年以上)
    • 内分泌代謝専門医 (内科認定研修の課程を修了後、申請時までに3年以上、日本内分泌学会認定教育施設において内分泌代謝科指導医の指導のもとで内分泌代謝疾患の診療に従事している者、内分泌代謝疾患の臨床に関する学会発表、又は論文発表が5編以上あり、少なくとも2編は筆頭者であること。)
    • 糖尿病専門医 (認定内科医研修終了後3年以上認定研修施設で糖尿病臨床研修を行っていること、認定内科医を取得していること、糖尿病臨床に関する筆頭者としての学会発表、論文が2編以上あること)
    • 甲状腺学会専門医 (甲状腺学会会員歴が5年以上)
    • 動脈硬化学会専門医
    • 肥満学会専門医
  5. 研究活動
    当科のご紹介 > 研究活動をご参照ください
  6. 学会活動
    主な参加学会
     日本内科学会、日本内分泌学会、日本糖尿病学会、日本動脈硬化学会、日本肥満学会、日本老年医学会、日本肥満症治療学会、日本糖尿病・肥満動物学会、日本神経内分泌学会、日本間脳下垂体腫瘍学会、日本糖尿病合併症学会、日本甲状腺学会、日本臨床栄養学会、アメリカ内分泌学会、アメリカ糖尿病学会、ヨーロッパ糖尿病学会、国際動脈硬化学会など
  7. 大学院進学について
     大学院への進学は後期研修開始時(3年次)、終了後(5年次)などいつの時期でも可能です。臨床系大学院へ進学した場合は専修医プログラムに準じて臨床研修を行いながら、臨床あるいは基礎研究を行い学位取得を目指します。希望により基礎医学大学院への進学も可能です。また大学院へ進学しない場合でも、臨床・基礎研究を行い論文を作成できれば学位の取得は可能です。
  8. 病院外勤務について
     糖尿病専門外来および内分泌専門外来を中心に診療にあたります。
  9. 女性医師の結婚、出産、育児について
     プログラム中に産休、育休を取ることはなんら問題ありません。復帰後も希望に沿った勤務形態がとれる様に配慮します。